福田エンジニアリングの製品案内

福田エンジニアリングトップページ > 製品案内 コンデンサ製造装置

コンデンサ製造装置

コンデンサ業界にて実績を評価されています。

真空下塗り機

真空下塗り機

本機は、枠にセットされた素子を真空チャンバー内にてエポキシ樹脂コーティングをする装置です。
作業者が枠をセットし、スタートスイッチをONすると設定に従い真空含振動作を自動にて行います。

特徴

樹脂コーティングを真空チャンバー内で行う事により、空気の混入を防ぎ素子へ樹脂を染み込みやすくしています。
液槽の冷却機能により安定した塗布が可能になっております。また、バイブレータ機能により樹脂の垂れ残りを軽減しています。

仕様
  • (1)電源:3相 AC200V±10% 50/60Hz (ブレーカ30A)
  • (2)エアー源:0.5Mpa以上
  • (3)機械サイズ:約約1295(W)×790(D)×2280(H)mm ※真空ポンプは除く
  • (4)重量:約800kg ※真空ポンプは除く
  • (5)液面管理:液面センサーを2個使用
  • (6)液槽上下管理:パルス制御
  • (7)真空ポンプ能力:-90kPa到達約20sec ※仕様に沿ったポンプを選定
  • (8)各種設定(含浸時間 , 液槽上下位置など):タッチパネルにて設定

このページの上へ


3段手動ヒートプレス機

3段手動ヒートプレス機

本機はフォルムコンデンサ用の3段手動ヒートプレス機です。
各段の間に素子を均一に並べたプレス板をセットし、両手起動スイッチを押すと熱板が上昇しプレスを行います。

特徴

特注のヒーターを最適配置することにより、均一な温度分布を実現しています。
またプレス台の剛性が高く、精度も良いので、品質の良いプレスを行うことができます。

仕様
  • (1)電源:3相 AC200V±10% 50/60Hz (ブレーカ60A)
  • (2)エアー源:0.5Mpa以上
  • (3)機械サイズ:
     ①本体:約1360(W)×800(D)×2110(H)mm
     ②油圧ポンプ:約950(W)×850(D)×1000(H)mm
  • (4)重量:
     ①本体:約2,000kg
     ②油圧ポンプ:約300kg
  • (5)プレス方式:油圧式
  • (6)プレス圧力:MAX40t(タッチパネルから設定変更可能)
  • (7)プレス温度:MAX200℃(タッチパネルから設定変更可能)
  • (8)プレス有効寸法:300×300mm
  • (9)プレス部開口高さ:90mm
  • (10)プレス台精度:熱板間平行度±0.03mm

このページの上へ


メタリコン溶射機

メタリコン溶射機

主にフィルムコンデンサ素子の端面にスズ合金や亜鉛をアーク溶射により吹き付けて電極面を形成する為の装置です。

機械構成 線送り装置が付いた溶射ヘッド・駆動部及びワーク搬送部による溶射機本体と溶射電源、レシーバタンクにて構成されています。
特徴

独自開発の定電圧溶射電源及び溶射ヘッドにより、粒子が細かく均一な溶射ができます。
溶射ヘッド・駆動部は様々なワークサイズ・形状に対応でき、更にメタリコンの無駄吹きを減らす仕様になっています。
線材の供給方法・ワークセット数・ワーク流し方向・ワーク排出方法などの搬送方法はお客様のご要望に沿った仕様にて製作が可能です。
溶射距離・駆動速度・搬送速度なども調整が可能になっていますので溶射条件を細かく調節する事が出来ます。

仕様
  • (1)ワークサイズ・形状:お客様のワークサイズに合わせられます。
  • (2)タクトスピード:ワークサイズ・搬送速度・溶射条件により変わります。
  • (3)電源: AC200V ± 10 %  3 相  75A
  • (4)エアー圧: 0.5Mpa 以上
  • (5)機械サイズ:
     ①溶射機本体 :約 2000(W)×1260(D)×2000(H)mm
     ②電源・制御 BOX :約 720(W) × 600(D) × 1455(D)mm
     ③レシーバタンク:約⌀ 420 × 2000(H)mm
  • (6)重量:
     ①溶射機本体:約 900kg
     ②電源:制御 BOX :約 150kg
     ③レシーバタンク:約 100kg

※ サイズ・重量は本仕様でのサイズ・重量となります。

※ お客様の仕様によりサイズ・重量は変わります。


溶射動画

このページの上へ


コンデンサ素子端面研磨機(メタリコン面加工機)

コンデンサ素子端面研磨機

フィルムコンデンサ素子のメタリコン溶射後のバリ取り・寸法管理及び樹脂ディップ後の外観・形状等品質アップにご使用ください。


機械構成 ボールフィーダー・リニアフィーダー・素子クランパー・搬送ユニット・センタリング研磨部(高速カット)・素子排出部(カウンター付き)より構成される全自動機です。
特徴
  • 素子は正確なセンタリング機構により、ワンチャックにて両端面の加工が同時に出来ます。
  • 加工後の長さ寸法の誤差はほとんどなく、リード溶接・ケース入れ・樹脂注入・製品外観形状等精度が必要なコンデンサにご使用ください。
仕様 (1)素子形状:扁平形(丸型も可)
(2)素子サイズ:カッター・クランプ治具の交換により各種の加工ができます。
(3)タクトスピード:20個/毎分(サイズ関係なく稼働します)
(4)電源:AC200V 3相 15A
(5)エアー圧力:0.5Mpa
(6)機械サイズ:W900 X D1100 X H1300
(7)機械重量:400Kg

このページの上へ


コンデンサ素子真空ヒートプレス機

コンデンサ素子真空ヒートプレス機

巻き取り後の素子を整列して並べ真空ヒートプレスを行う機械です。


機械構成 ホッパ・ボールフィーダ・リニアフィーダ・素子整列部
真空ヒートプレス部・かき落し部・プレス板リターン装置などにより構成され、小型で操作しやすい全自動機となっております。
特徴
  • プレス素子はワンタッチの冶具を交換することにより、小ロット又は素子の大小に限らず真空プレスができます。1種類の冶具にて素子外形<直径>8~16mm位まで可能です。
    ※冶具を2~3種類作って用意しておくことで本機にて幅広いサイズの素子をプレス可能になります。
    またプレス板もリターン巡回方式なので人手は要りません。
    真空プレス中に次のプレス分を整列してサイクルタイムを短縮しています。
    なお真空プレス後の素子は自動にて排出されます。
仕様 (1)素子サイズ:直径8~16mm
  ※冶具を交換することにより直径8mm以下直径16mm以上も可能です。
(2)サイクルタイム:プレス時間・整列数により変化
(3)プレス熱板サイズ:250mm X 250mm (素子整列数により変更)
(4)プレス板サイズ:厚さ(例t4mm) X 320mm X 370mm
  ※テフロンコーティング
(5)プレス温度: 0℃~200℃
(6)プレス圧力:タッチパネルより自由設定
  ※本機はMAX30t 100kg単位設定
  ※MAX圧力は指定により変更できます。
(7)真空ポンプ:指定または支給にて

このページの上へ


コンデンサ素子3連ヒートプレス機

プレス後素子テーピング機

巻き取り後の素子をプレス板に並べ、第1プレス、第2プレス、第3プレスと順次移行してプレスを行います。(仕様により真空装置取り付け可能)


機械構成 ホッパー・ボールフィーダ・第1第2リニアフィーダ、素子整列部、3連プレス部、プレス後の素子のかき落し部、プレス板リターン部等により構成されており全自動運転が可能です。
特徴
  • プレス用ダイセットの圧力と平行精度及び温度分布精度により品質アップが可能です。また最大の特徴はヒートプレス部を3ヶ所にしました。それによりプレス時間が1/3秒にまで短縮できます。プレス時間の長い素子に最適です。
    また、プレス板はリターン巡回方式なので自動中は人手がいりません。プレス中に次の素子を整列してサイクルタイムの短縮をしています。
仕様

(1)素子サイズ:直径8~20mm
  ※冶具を交換することにより8mm以下20mm以上も可能です。
(2)サイクルタイム:プレス時間の1/3秒+18秒前後になります。
(3)有効プレス並べ寸法:300mm X 300mm (300mm以上、300mm以下も可能です)
(4)プレス温度: 0℃~200℃(タッチパネルより自動設定)
(5)プレス圧力:本機は15tタイプ(タッチパネルより設定50kg単位設定)


◆真空タイプ仕様の採用のメリット
プレス前に真空にしてプレスをしますので、素子の中の残空気の解消層間の密着すべりの発生がありません。塗装後のピンホール、形状不良、異音、歩留まりなど品質アップができ大幅のメリットがあります。

このページの上へ


プレス後コンデンサ素子テーピング機

プレス後素子テーピング機

プレス後のコンデンサ素子をテーピングする自動テーピング機です。粘着テープ・加熱テープの両タイプに対応しています。
カム駆動方式ですのでテーピングタクトも早く、素子・テープに合せ速度変化が出来て最良のテーピング条件が設定できます。またテーピング後の隙間も最小になる様、精密に仕上げてあります。


仕様 (1)テーピング速度:1.5秒前後から
  ※素子サイズ・テープ種類によって変わります
(2)フィルム種類:粘着テープ・加熱テープに対応
(3)ヒーター温度:0~150℃
(4)素子サイズ:打ち合わせによる
(5)機械サイズ:幅X高さX奥行き 1940 X 1445 X 1275
  ※ワークによって機械寸法は変わることがあります。

このページの上へ


熱風循環式乾燥炉

熱風循環式乾燥炉

炉内加熱から炉内冷却まで最大19段階の温度調可変が可能です。


19段階の温度可変が可能
仕様 電源:AC200V 3相
エアー圧力:0.5Mpa

このページの上へ
〒391-0011 長野県茅野市玉川粟沢733番地 TEL.0266-72-8283 FAX.0266-72-5268